乳酸菌のメリットを知ろう

乳酸菌の種類について

腸内環境を整える働きのある乳酸菌は善玉菌とも呼ばれ、便秘や下痢知らずの免疫力の高い状態を作ってくれます。
ヨーグルトや乳性飲料の広告などでも耳にするこの乳酸菌には、たくさん種類があるということをご存知でしたか?

乳酸菌は現在発見されているものだけでも350種類程度あると言われていて、大きく「植物性乳酸菌」と「動物性乳酸菌」に分けられます。

植物性乳酸菌はみそ、漬け物、醤油、日本酒、キムチ、ザーサイなどに含まれ、動物性乳酸菌は、チーズやヨーグルト、牛乳などの乳製品に含まれています。

それぞれの食品ごとに異なる乳酸菌が存在していて、例えば漬け物に多い「ラクトバチルス・プレビス」や、味噌に多い「テトラジェノコツカス・ハロフイロス」など、名称が付けられて分類されているのです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌にも多くの種類があります。
代表的なのが「ビフィズス菌」で、人の赤ちゃんの腸に多く棲みつく善玉菌です。他にも、生きたまま小腸まで届き長く生息できる「ガセリ菌」、腸内細菌のバランスを正常に保つ「ブルガリクス菌」など多数あり、現在市販されている乳製品は、乳酸菌同士を組み合わせてさらに効果をアップさせています。

よく、便秘を解消するためには乳酸菌が胃酸で壊されずに腸まで届くことが大切だと言われます。その点では、動物性より植物性乳酸菌の方がたくましく、胃酸でも分解されずに腸まで到達します。

動物性乳酸菌は、腸にたどり着く前に分解されてしまうことがほとんどですが、分解された状態でも植物性乳酸菌を活発にさせたり、腸内によい刺激を与えて免疫力を高める役割を果たしています。

このようなことから、2つの乳酸菌を含む食品をバランスよく摂取することが、腸内環境を健康に保つ秘訣となります。